ダナンのITオフショア企業分析、日系企業等とのIT分野での産学連携

ダナン市について

・ダナン市はベトナム中部の社会/経済の中心都市です。ハノイやホーチミンへは飛行機で1時間程度の距離にあるため、2大都市へ容易にアクセスできます。ダナンの天候は熱帯モンスーン気候で雨季と乾季に分かれます。

・ダナンは海が近く港町、近年は世界的なビーチリゾートとして観光開発が進んでいます。現在の人口は約104万人(2016年時点)。日本の堺市と姉妹都市を締結している。ダナン市から車で40分程度の場所に世界遺産に登録されたホイアンがあります。

◆ダナン市の概要


ダナン市中心部(ドラゴン橋)

ダナン市内のビーチ

ホイアン(世界遺産)

ホイアン(世界遺産)

ダナン市のIT企業について

・ダナン市には1万3千の企業があり、IT企業は全体の13.4%程度(1700社強)を占めている。ベトナム政府の製作でダナン市はベトナム版シリコンバレーを目指して積極的にIT分野への投資などを行っている。ダナンITパークの開発や国内外のIT企業の誘致などを積極的に行っている。ダナンITパークプロジェクトは総敷地面341ha、投資額約335億円の大規模プロジェクト。IBMやCisco、Intel、KDDI、三井グループ、FPTなどの企業がプロジェクトへの投資意向を表明している。

◆ダナン市に本社や拠点を置くソフトウェア開発等を行っている主なIT企業は以下の通り。

自社紹介(株式会社モアアジア)

・当社(株式会社モアアジア)は東京及びベトナム(ハノイ、ダナン、ホーチミン)を拠点に事業を行っています。

・グループ4社(株式会社モアアジア、MOR Software JSC、MOR Hanoi Branch、MOR Technology Creative)、126名(2019年4月時点)で活動しています。

・近年、オフショア企業として国外の案件を請け負って開発するだけでなく、ベトナム国内向けの自社プロダクトの開発にも力を入れています。

◆グループ紹介

◆事業領域