ベトナムのスタートアップ環境について

ベトナム国内のスタートアップ市場概要

スタートアップのアクセラレータープログラムを提供しているTopica Founder Instituteが公表したレポートでは、2018年にベトナムのスタートアップに投資された金額は8億8,900万ドル(約954億円/92案件)に達した。2017年の2億9,100万ドル(約312億円/92案件)と比較して約3倍に急増した

◆ベトナムのスタートアップ向けの投資額推移

※参考:Topica Founder Institute

 

 

◆ベトナムのスタートアップに投資を行うベンチャーキャピタルについて

2018年にベトナムのスタートアップに投資された資金の半分以上をベトナム国内のVCが投資している。主なベトナム国内のVCは以下の通り。

 

※2018年のスタートアップ向け投資の内訳

全体の60%をベトナム国内のベンチャーキャピタルが投資している。

※2018年のスタートアップ向け投資(ラウンド別投資額)

シード/プレシードの投資額は1,000万ドル(48件)、シリーズA/プレシリーズAは1億3,600万ドル(22件)、シリーズBは8,600万ドル(5件)、シリーズCは1億7,800万ドル(5件)、シリーズDは5,000万ドル(1件)。

2018年に話題になったスタートアップ向けの大型投資案件など

・アジア最大級のデジタルビデオコンテンツ制作会社Yeah1 Group(本社:ホーチミン)がホーチミン証券取引所に上場し、時価総額は5億ドル(約530億円)に達した。また、Yeah1 Groupは2018年に1億ドル(約107億円)の資金調達を行った。

・ベトナム最大手のオンラインゲームメーカー及びインターネットサービス会社であるVNG Corporation(本社:ホーチミン)は時価評価額が10億ドル(約)を超え、ベトナム初のユニコーン企業になる見通し。

・ベトナム最大のIT企業(FPT corporation)が運営するECサイト(Sendo.vn)は2018年に5,100万ドル(約54億円)の資金調達を行った。

・オンライン教育プラットフォームなどを提供しているTOPICA Edtech Groupは2018年に5,000万ドル(約53億円)の資金調達を行った。

※参考

・Yeah1 Group:https://yeah1group.com/

・VNG Corporation:https://www.vng.com.vn/

・Sendo.vn:https://www.sendo.vn/

・TOPICA Edtech Group:https://topica.asia/