Services Page

コアサービス

オフショア開発

システム開発費用削減
人件費削減
オフショア開発

2/3費用節約

オフショア開発で
対応する場合

(日本やアメリカの市場と比較)

cta-offshore-icon
cta-ets-icon
システム開発を依頼したい
  • 仕様書はある
  • 設計書はある
  • 開発リソースが無い
  • 開発コストを少しでも抑えたい
  • 納期に少しゆとりはある
  • 長期計画ではラボ型開発をやりたいがいきなりは不安がある
依頼の多い案件

アプリ開発

システム開発

Webサイト構築制作

コーディング

cta-ets-icon
エンジニアのチームを作りたい
  • エンジニアリソース不足が常に起きている
  • 採用コストをカットしたい
  • エンジニアは外部パートナーとやっている
  • パートナーのリソース確保が不安定
  • 長期的に時間をかけて専属のチームを作りたい
  • 開発コストを抑えたい
このようなご依頼にも対応(現地も視察できます)

日本でベトナム人を採用してチームをつくりたい

日本に1人エンジニアを常駐させて、ベトナムと連携

料金目安

従来のコストと比較すると、三分の一以下の料金で対応可能です。

また、システム開発における日本語での対応に問題はありません。

システム開発:50,000円~

Webサイト構築制作:50,000円~ / コーディング作業:10,000円~

アプリ開発:50,000円~

ラボ型開発:1人 28万円~/月

ラボ型 オフショア開発

御社または弊社でプロジェクト責任者を選出し、ベトナムにいるベトナム人スタッフとチームを組んで開発を行っていくモデルです。 プロジェクト責任者とベトナムラボ責任者がタッグを組んで、プロジェクトを進めていきます。

aboutOffshore-lab
ラボ型ではこのようなご要望をいただいております。[一例]
labCommentList

自社専属のエンジニアのチームを作りたい(短期・長期)

labCommentList

エンジニアのリソース不足している

labCommentList

採用時間、採用コストをカットしたい

labCommentList

エンジニアは日本の外部パートナーとやっている、費用を抑えたい

labCommentList

パートナーのリソース確保が不安定

labCommentList

開発コストを抑えたい

料金目安

1人 28万円~/月

システム開発先企業(一部)

なぜ今、ベトナムでの開発が人気なのか?

年間3,600人以上の日本語能力試験有資格者が誕生している。また、全国3,000の高校で日本語教育が行われている。

平均賃金は、日本を100とした時、中国が43%、インドが40%、フィリピンが34%、ベトナムが18%(2014年JETRO調べ)

高いIT技術・勤勉性・IT立国。ベトナム国策としてIT人材の育成政策。現在、20万人のエンジニアを2020年までに100万人に増やす教育プログラムが組まれている。

人口は9,400万人。国民の平均年齢は28歳(日本:45歳、中国:35歳)。日本との時差はたった2時間(日本時間10:30〜19:30)ほぼリアルタイムでの業務が可能。魅力的な国、若い人材で溢れている。

開発実績

主な仕様:

AI: 顔認証、OCR

主な機能:

Androidアプリはパスポートから情報を抽出し、ユーザーのポートレート写真とパスポートの顔画像を照合することができる。

フレームワーク・ツール: TensorFlow, Tensorflow-lite on Android, Keras , TesseractOCR.

業務範囲:

顔認証、OCR, Android, バックエンド

開発時間:

4ヶ月

勤務時間:
8時30分 〜 17時30分(平日)